幻想ノ音色

東方のカードゲーム、VISIONのプレイ日記。自由気ままに思うがままに。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-26-Fri-15:02

戦闘力の変動について


明日は秋葉原でオータムカップ開催!
私は今月末お金が無くなることが事前に分かってたので残念ながら不参加ですが、参加する皆さんは頑張って下さいねー

さて、今回は久々にVISIONのルールについて勉強する回です。先日ちょっと考える事になった事例がありまして、その事例というのが「シルフィホルンに魔神復誦を装備すれば戦闘力は「6/6」で固定されるのか?」という疑問でした。

その時はすぐに答えが出なかったので調べたところ、魔神復誦を装備したシルフィホルンの戦闘力は、自身の効果を起動するたびに「6/6」→「4/4」→「2/2」・・・と変動するという結論に至りました。
しかし、この疑問に対して即答できないのは装備コン使いとして恥ずべき事だと思ったので、今回学んだ事を復習する意味も兼ねてこの記事を書くに至ったわけです。

まず、戦闘力の変動には4種類あります。
1つ目が最もポピュラーであると思われる加減算です。単純に戦闘力を増加あるいは減少させる、多くの装備や呪符に見られる変動です。具体例がこちら↓

《回復「ヒールバイデザイア」》
ノード(3)/コスト(1)/術者:宮古 芳香
【呪符】
(自動β)「ヒールバイデザイア」がセットされた場合、〔「ヒールバイデザイア」以外の、このキャラクターにセットされている呪符カード全て〕を手札に戻す。

攻撃力(―)/耐久力(+3)



2つ目が変更。12弾美鈴の1つ目の効果や、先程取り上げた魔神復誦がここに該当します。テキストはこちら↓

《大魔法「魔神復誦」》
ノード(3)/コスト(2)/術者:聖 白蓮
【装備】
(自動α)〔このキャラクター〕の戦闘力は「6/6」に変更される。
(自動α)〔このキャラクター〕の種族は「神」と「魔法使い」に変更される。

攻撃力(―)/耐久力(―)



3つ目が入れ替え。あまりピンとこないのですが、こんなカードがあるみたいです↓

《逆さ虹》
ノード(2)/コスト(1)
この干渉終了時まで戦闘が行われる場合、その戦闘終了時まで〔戦闘を行っているキャラクター2枚〕の戦闘力を入れ替える。



そして4つ目が常に、と指定された変動です。ここに該当するカードの代表はこれでしょうか↓

《境界「永夜四重結界」》
ノード(5)/コスト(3)/術者:八雲 紫
【ラストスペル】【世界呪符】維持コスト(3)
(自動α)〔全ての相手キャラクター〕の攻撃力は常に0になる。



そしてこれらの戦闘力の変動は、
①変更
②入れ替え
③加減算
④常に、と指定された変動
の順で処理します。

それではここで、どんな風になるのか実際に計算してみます。

魔神復誦を装備した9弾小悪魔とヒールバイデザイアが付いた芳香に戦闘してもらいましょう。

《小悪魔》
(自動α)〔このキャラクター〕は「戦闘修正:+X/+X」を得る。Xはあなたの場の「種族:魔法使い」を持つキャラクターの枚数に等しい。

攻撃力(3)/耐久力(2)


《宮古 芳香》

攻撃力(4)/耐久力(5)


※どちらも不要なデータや効果は省略してあります



この2人の戦闘に干渉して《逆さ虹》をプレイした場合の戦闘力の変動は以下のようになります↓

①《魔神復誦》の効果で小悪魔の戦闘力が「6/6」に変更される。
②《逆さ虹》の効果で小悪魔と芳香の戦闘力が入れ替わり、小悪魔の戦闘力が「4/5」になり、芳香の戦闘力が「6/6」になる。
③《ヒールバイデザイア》の戦闘修正で芳香の戦闘力が「6/9」になる。また、《魔神復誦》の効果で小悪魔の種族が魔法使いになっているため、戦闘修正をうけて小悪魔の戦闘力が「5/6」になる。

こんな感じでしょうか。最終的に小悪魔が一方的に決死状態になります。ちなみに、小悪魔側の場に《永夜四重結界》があった場合、③の後に芳香の攻撃力が0になります。よって小悪魔は助かります。・・・合ってますよね?

というわけで、意外とややこしい戦闘力の変動についてのお話でした。もしも私の勘違いやミスがありましたら、
「お前適当な事かいてんじゃねぇぞゴルァ!(#一ω一)」
ってな感じで指摘してもらえるとみんな助かります。私も助かります。

まぁ私が何を言いたいかというと、戦闘力を常に3以上にするカードはこの先出る事は無いんだろうなぁ、という事です。そんな事になったらシルフィホルンが悪い事する未来しか見えませんからね。

スポンサーサイト
2012-10-21-Sun-16:20

10/14 ますかれいど公認大会レポート


最近他のカードゲームに浮気気味な私です。
まぁVISIONはあまりお金をかけずに楽しめるので、両立そのものは難しくないのです。

さて、14日(日)に市内のますかれいどで公認大会があったので参加してきました。そしていつもならここでデッキレシピ紹介が入りますが、諸事情により今回は後回し。

というわけで、結果の方をさっくり書いていきます。

1回戦 砂貘様 ××
2回戦 パルパル様 ○○
3回戦 もりなが様 ××

こんな感じで、11人中9位でした。いつも以上に簡素に纏めた理由は、どっかの誰かさんがブログ更新を怠けた揚句、対戦内容や相手のデッキを忘れてしまったからです。

(´ 一ω一)<どっかの誰かさん○ねばいいのに(自虐)

ですが、こんな簡素な結果でも過去のデータと照らし合わせる事で見えてくる事があります。というわけで、前回(9/2:ますかれいど公認)の対戦戦績がこれ↓

1回戦 ○○
2回戦 ××
3回戦 ××
4回戦 ××

で、観月宴は全敗だったので省略。その前(8/19:岡山公認)がこれ↓

1回戦 ××
2回戦 ○○
3回戦 ××

見事に負け続きです。いや、それは大した問題ではありません。真に問題視すべきなのは、全試合ストレート勝ち或いはストレート負けである点です。何が言いたいのかというと、どうも十二夜は「サイドボードの構築が甘い」みたいなのです。というわけで、今回使用したデッキを見てみます。



【キャラクター】17枚
森近 霖之助/12弾×3
魂魄 妖夢/10弾×3
ナズーリン/10弾×3
上白沢 慧音/9弾×2
村紗 水蜜/12弾×2
西行寺 幽々子/10弾×2
豊聡耳 神子/11弾×2

【スペルカード】7枚
陽光「サンシャインニードル」×3
神槍「スピア・ザ・グングニル」×1
新難題「ミステリウム」×1
死蝶「華胥の永眠」×2

【コマンドカード】26枚
マナの生成×3
改良×3
香霖堂×3
夢殿大祀廟×3
白楼剣×3
銀ナイフ×2
ブロッケンの妖怪×2
祇園様の剣×1
是非曲直庁の威令×3
緋想の剣×1
愛宕様の火×1
陰謀論×1

【サイドボード】
上白沢 慧音/9弾×1
霍 青娥/11弾×1
国符「三種の神器 剣」×1
葵符「水戸の光圀」×2
緑眼のジェラシー×2
草薙剣×1
陰謀論×2



妖夢を出して白楼剣を改良するのが主なコンセプトです。サイドチェンジで光圀ロックになります。ですがよく考えてみると、わざわざサイドに光圀を入れる必要性が薄いです(厳密に言えば運用法は異なるのですが、今回は相手の攻撃を躊躇わせるのが目的なのです)。祇園様の剣があれば大抵止めれるのですから。同じ理由で三種の神器も不要であると思います。ジェラシーや陰謀論もメインに入れるべきでしょう。

こんな感じで、私のサイドボードは無駄だらけなのです。私はやりたい事をデッキに詰め込んでしまうタイプなので、割とよくこんな事になるのです。ですがやっぱり、本当にそれが必要なのか考えて、時には妥協する事も大事だと考えられるようになりたいのですよ(´ 一ω一)
2012-10-04-Thu-13:50

所詮は似非魔法


 気付けば1ヶ月近くブログを放置しているという体たらく・・・
 どうも十二夜です。

 あんまり更新が滞るのも嫌なので、この辺でこんなカードの考察をば↓



 《朝倉 理香子》
 ノード(3)/コスト(1)/グレイズ(1)/種族:人間

 耐性:魔法使い

 (自動:α)全てのプレイヤーはスペルカードをプレイする場合、③支払っても良い。支払わない場合、スペルカードをプレイすることは出来ない。

 (常時)①S:目標の〔「幻想生物」を持つキャラクター1枚〕を決死状態にする。

 攻撃力(3)/耐久力(4)



 スペルカードに対するメタカード。12弾さとりに対抗するためのカードとして最近注目されています。

 1つ目の効果は、スペルカードのプレイに追加コストを要求する効果。追加の3コストは中々重く、必然的にスペルの連打は難しくなってきます。
 加護の裁定変更によりスペル除去が相対的に強くなったため、術者を入れずに除去スペルだけ入れている事も珍しくないかと思います。その場合ディマーケイションですら4コストになり、死槍なら5コスト+手札1枚の支払いが必要になります。(正直言って除去よりも瞬の方が単体採用率高そう・・・その場合は6コスト要求)
 さとりに対するメタとして見た場合、術者を置いてのうろ金やテリブルからの除去スペルで真っ先に狙われるであろうと思われます。3コストくらいなら払ってくるでしょう。(理香子を狙わせた上に、追加コストを払わせた時点で仕事はこなしていると言えるかもしれませんが)まぁそれは耐性の無いこの子が悪いので、覚醒などで守ってあげましょう。

 2つ目の効果は、幻想生物の除去。1つ目の効果ばかり注目されてますが、こちらも持っていて損は無い優秀な能力です。
 ぬえチルの弾幕キメラや、難題のシルフィホルン、ディバパラワンショットのヒノファンタズムなど、使いやすかったりデッキの根幹を担っている幻想生物は少なからずいるのです。(前の2つは神前試合の存在で死にかけているような・・・)また、12弾パチュリーのように1つ目の効果を無視して幻想生物を出す方法もあるので、それらを牽制できるのは強いです。

 総じて、場に維持する事さえできれば非常に優秀なキャラであると言えます。耐久も4あるので、る~ことの自爆に巻き込まれなかったり、リリカがくっ付いても耐えたりと、そこそこ場持ちは良い方なのでコマンド除去に気を付けてあげましょう。

 あ、戦闘も出来そうなステータスだけど迂闊に殴るのは止めときましょう。12弾村紗と戦闘すると流石に死ねるので。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。