幻想ノ音色

東方のカードゲーム、VISIONのプレイ日記。自由気ままに思うがままに。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-08-12-Mon-22:30

私の演奏を聴けぇ!(強制戦闘)


 違いますねん。更新期間はひと月以上空けたくないと思ってるんですけどね?
 丁度新弾発売が近かったものでね。ちょっと更新待ってみたわけです(嘘です)

 というわけで、今回は装備厨な私歓喜なカードが多かったわけです。
 冥界から装備を拾える妖夢然り、自分の場のキャラにセットされた装備の数だけドローできるにとり然り。

 そして新システム代替レースの登場で、戦術がさらに広がりそうですね。

 というわけで今回は、私が直感的に強そうだと思ったこの装備の考察をしてみましょう。

神弦「ストラディヴァリウス」
ノード(4)/コスト(2)/術者:ルナサ・プリズムリバー
【装備】
(自動γ)〔このキャラクター〕が相手キャラクターと戦闘を行う場合、戦闘開始時に〔あなた〕は1ドローする。
(自動γ)〔このキャラクター〕が攻撃を行う場合、〔相手プレイヤー〕は可能な限り自分の場のキャラクターに防御を行わせなければならない。

攻撃力(-)/耐久力(-)


 無理やり演奏を聴かせて代金をせびり取るルナサ姉さんです(違います)。
 一つ目の効果と二つ目の効果が噛み合っており、相手の場のキャラが全てスリープ状態でもない限り、確実に1枚ドローできます。基本的にアド取りが苦手な装備において、殴るだけでアドを取れるというのはこれだけで強いと思います。

 また、終盤に適当なキャラクターに装備して殴ることで、相手の防御のためのキャラクターを1体無力化して、本命のキャラクターの攻撃を通すといった使い方もできます。

 他にも、相手キャラと戦闘を行うことで効果を発動するキャラクターに装備することで、その効果を活かしやすくなります。相性が良いキャラを挙げるなら、10弾ちゆりはどうでしょうか。相手の場に先制持ちがおらず、相手が防御以外に干渉しない限り、先制即死で相手の場を荒らすことができます。

 ちなみに、隠密持ちのキャラクターに装備して、相手の場に同じ属性のキャラクターがいない場合も、相手は防御しなければなりません。これは、隠密が「防御されない効果」ではなく、「防御を取り消す効果」だからです。つまり、相手に無駄に防御させることができるのです。
 この場合、ドロー効果も隠密も同じ「戦闘開始時に発生する(自動γ)効果」なので、好きな順番で解決することができます。

 弱点を挙げるなら、相手プレイヤーを対象に取っているので、カタディで壊されます。このカードにカタディを切ってくれるなら、それはそれで良しとも思いますが。
 また、ドローが強制なので、山焼き相手には致命傷になる事があるかもしれません。それでなくとも、昨今はどんなデッキにもドローソースとして「ロングレンジエコー」が入っている可能性があるため、勝負が長引いた結果、山札が無くなったという事態になりかねません。

 強制的に戦闘を行うという珍しい効果を付与するこのカード、色々と悪いことができそうでワクワクします。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。