幻想ノ音色

東方のカードゲーム、VISIONのプレイ日記。自由気ままに思うがままに。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-11-30-Sat-14:24

カード考察:みんな大好き暗黒能楽


 ついに15弾の情報が出てきましたね。
 今回は輝針城のキャラが収録されるという事で、
 装備関連の効果を持ったカードが出てくれるだろうと個人的には非常に楽しみです。
 残念ながら今のところはそんなカードは無いのですが…

 というわけで、先行公開された数枚のカードの中から、今回はこのカードの考察をしていきましょう。


 《秦 こころ》
 ノード(6) / コスト(3) / グレイズ(2) / 種族:妖怪

 (常時)①:〔このキャラクターにセットされているキャラクターカード全て〕を本来のプレイヤーの手札に戻す。その後、〔あなたの冥界にあるキャラクターカード1枚〕を〔このキャラクター〕にセットする。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

 (自動α):〔このキャラクター〕は、このキャラクターにセットされているカードの必要ノードの値により、以下の効果を得る。
 ・1~2…「警戒」
 ・3~4…「即死」
 ・5~6…「先制」
 ・7~8…「戦闘修正 +4/+4」
 ・9~10…「(自動α):〔このキャラクター〕はスペルカード、コマンドカード、及びキャラクター効果の目標にならない。」

 攻撃力(6)/耐久力(6)



 みんな大好きこころちゃん。お面という名のキャラクターカードをとっかえひっかえすることで、能力を変化させながら戦います。

 グレイズ2の戦闘力6/6というだけでかなりのハイスペックです。その上メリット効果も付いてくるのですから弱いわけがないです……が、その代わりにかなり重いです。
 効果を使う前提なら実質6ノード4コストと、9弾の妖忌おじいちゃんと同じ重さで、しかもあちらは冥界を守る効果に加え強力な戦術を3つも持っており、サポートも豊富な種族:人間/幽霊と、単純にアタッカーとして使うならあちらに軍配が上がるでしょう。

 というわけで、何となくですが、おじいちゃんとの差別化を図りましょう。とりあえずおじいちゃんとの相違点は…

 ●優れている点
 ・種族が妖怪なので、妖魔夜行でサーチしたり、こいしを止めたり出来る。
 ・手軽に警戒を付与できる。
 ・グレイズが1だけ小さい(個人的にこれは大きい)。
 ・間接的に冥界のキャラを回収できる。
 ・可愛い(重要)。

 ●劣っている点
 ・戦術の数(一度に複数の効果を得ることは難しい)。
 ・速攻を持たないので奇襲性に劣る。
 ・失われた希望が刺さる。
 ・ある程度冥界を肥やす必要がある。
 ・何だかんだでやっぱり幽霊サポートは優秀。

 とりあえずはこんな感じでしょうか。とは言うものの、他に類を見ない面白い効果なので、是非とも専用デッキを組んで活躍させたいところです。

 それとフォロワーさんから聞いて気づいた事なのですが、こころちゃんの1つ目の(自動α)についてですが…

 (自動α):〔このキャラクター〕は、このキャラクターにセットされているカードの必要ノードの値により、以下の効果を得る。

 お分かりいただけますでしょうか?この効果の赤い部分、自身の効果でセットしたカード等の表記が無いのです。何が言いたいのかというとですね、この書き方なら、自身にセットされた呪符や装備のノードも参照できるのです。

 例えば、《邪符「ヤンシャオグイ」》(ノード値5の蘇生用呪符)で蘇生した後に、《毒爪「ポイズンマーダー」》(ノード値2の即死付与装備)を装備させれば、先制、警戒、即死持ちという、おじいちゃんに負けずとも劣らずの凶悪な戦術持ちキャラになります。

 最初に装備関連の効果を持ったキャラが居ないと言っていましたが、この子は装備デッキの新たな切り札として十分活躍できるスペックを持ってると思います。

 
スポンサーサイト
2013-11-18-Mon-00:42

11/16高知公認参加レポ


最近テラリアが面白い。どうも私です。
ちなみにテラリアというのは、2D版マインクラフトのようなゲームです。
友人に勧められて始めました。

さて先日のこと、いつもお世話になっているしゅーとさんに誘われて、
しゅーとさんとふみさんと私の3人で高知公認大会に行ってきました。
久しぶりの遠征という事で気合十分だったのですが…
とりあえず、結果の方を書いていきます。

ちなみにデッキは、前回の岡山公認で使ったデッキから

・水符「ウォーターカーペット」×2
・魔導書×2
・疑惑の五芒星×3
・制服の果てに×1

を外して

・射命丸 文/5弾×2
・上白沢 慧音/12弾×1
・「無何有浄化」×2
・鴉符「暗夜のデイメア」×3

を入れたミステリーぬえチルデッキです。
(どうでもいいけど「無何有浄化」って何て読むの?)



1回戦 ガルデン様 ××

序盤から順調に展開するものの、テリブル目標スカデビで
13点ダメージをばら撒かれて全滅。
その後出てきた12弾こいしを捌ききれずにそのまま敗北。

2戦目は巻物から出てきた12弾さとりやこいし、1弾レミリアに
ボコボコにされて成す術もなく敗北。
幸先の悪いスタートです。

テリブルが見えてたのにサイドから無縁塚を入れなかったのが
失敗だったように思います。



2回戦 まぐ様 ○○

14弾の美鈴や幽香で耐えながら、萃香燐火術で一撃を狙う。
そんなデッキだったように思います。
1戦目2戦目共に、萃香を早めに対処できたのが大きかったのか、
長期戦の末、どうにか勝利できました。

お互いの場に14弾美鈴が並ぶと泥沼化すると気付いた勝負でした。



3回戦 ふみ様 ××

高知に来てまで因縁の対決。まぁ私が勝手にライバル視してるだけですが。
夢美が拾ったヤンシャオグイや燐火術で萃香をサポートするという戦術で、
1戦目2戦目共に満足に動けず殴り倒されてしまいました。

久しぶりの対戦でしたが、相変わらずの萃香デッキで安心しました。



という感じで、1勝2敗(2-4)で8人中7位でした。
ま、まぁ私は遠征組の中でも最弱やからな…( ´;ω;)

今回の一番の課題は、以前から懸念していた「攻撃力の低さ」でしょうか。
チルぬえは強いけど、攻撃力4のグレイズ2だとやっぱり攻撃躊躇います。
今後はその辺りを改善していきたいと思います。

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。