幻想ノ音色

東方のカードゲーム、VISIONのプレイ日記。自由気ままに思うがままに。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-12-01-Sun-12:13

KEK(急に エラッタが 来たので)

 怒涛の連続更新!
 どうも私です。久方ぶりの連日更新です。

 というわけで、2013年12月2日(月)より施行されるエラッタ、テキスト修正、その他諸々を、私の感想を交えながら確認していきたいと思います。
 スペースの都合上、改正前のテキストは割愛させていただきます。ご了承ください。

 ※かなりの長文です。時間のある時にご覧下さい

●エラッタ

《NO.1292 鴉符「暗夜のデイメア」》
 目標の〔キャラクター1枚〕にXダメージを与える。この効果でキャラクターを決死状態にした場合、〔そのキャラクターのプレイヤー〕は手札1枚を無作為に選んで破棄する。Xは10から相手プレイヤーの手札の枚数を引いた値に等しい。但し、Xの最低値は1とする。

 抵抗が無くなり、ダメージの下限が1になりました。ですが、手札を10枚も抱える場面はそうそう無いと思うので、実質抵抗が消えただけですね。それだけでも随分と対処が楽になるのですが。


《No.1342 「ブラインドナイトバード」》
【ラストワード】 【幻想生物】 速攻 隠密
(自動α)〔あなたの場の「ナイトバード」全て〕は「戦闘修正:+1/+1」と「先制」を得る。この効果は重複しない。
(自動γ)〔このキャラクター〕は効果ダメージを受けた場合、ゲームから除外される。その後、〔相手プレイヤー〕に3ダメージを与える。このターン終了時に、この効果で除外された「ブラインドナイトバード」を本来のプレイヤーの場にアクティブ状態で戻す。

 自身の効果で与えるダメージの固定化、そしてプレイヤーを対象に取るようになったのでカタディで止められるようになりました。
 ですがこのカードの一番の変更点は、後述するラストワードのテキスト変更だと思います。


《No.1329 失われた希望》
 ターン終了時まで、〔全てのプレイヤー〕はカードの効果でドローすることが出来ない。

(自動β)このカードが冥界にある場合、冥界にある「失われた希望」以外のカード全ては他の何れの領域にも移動させる事が出来ない。
(自動β)相手プレイヤーはメンテナンスフェイズに2支払っても良い。 支払った場合、〔冥界にあるこのカード〕をゲームから除外する。

 おそらく誰もが望んでいたであろう修正。コストを払う事で除外させる事ができるようになりました。それでも一時的な拘束力は変わらないので使えなくもない、良いエラッタだと思います。今後はノードロック等で使われることも多くなりそうです。
 除外されている時の効果は無くなりましたが、然したる問題でしょう。強いて言うなら次回再録されるネクロファンタジアや、ナイトバードを止められなくなった程度でしょうか。


●テキスト修正

《No.794 朝倉 理香子》
 耐性:魔法使い
(自動α)〔全てのプレイヤー〕はスペルカードをプレイする場合、3支払ってもよい。支払わない場合、スペルカードをプレイすることは出来ない。
(常時)1S:目標の〔「幻想生物」を持つキャラクター1枚〕を決死状態にする。


 《No.1168 山彦「ロングレンジエコー」》
 【世界呪符】 維持コスト(1)
(自動β)〔このカード〕がプレイされて場に出た場合、〔あなたのデッキの上のカード4枚〕をこのカードにセットする。
(自分ターン)S:〔このカード〕を手札に戻す。
(自分ターン)S:〔このカードにセットされているカード1枚〕を手札に戻す。その後、〔相手プレイヤーのデッキの上のカードX枚〕を破棄する。Xはこの効果の解決時にこのカードにセットされているカードの枚数に等しい。

 同じような変更なので纏めてやります。
 どちらも対象を取るようになったので、カタディで止まるようになりました。
 理香子さんは先出しすれば関係ないのですが、繰り返し使う事でアドを取れるロングレンジは少々痛手ですね。

 ●ルール改訂

 こちらですが、まずは口頭で一つ。種族に小人が追加されています(2.6.2.r)。
 おそらく天人や閻魔のように少数種族になると思われますが、そのどちらも主軸でデッキを組めるほどのスペックを秘めているという事で、個人的に輝針城6ボスさんの能力が楽しみです。
 では以下より、他のルール改訂を見ていきます。


 地獄に関する処理の追加

 3.3.6
 カードの効果により、冥界が地獄に変更される場合がある。冥界が地獄に変更された場合、冥界のカードはそのままの状態で地獄のカードとなり、この効果が適用されている間、以下のルールに従う。
 3.3.6.a
 本項を除くルール上で「冥界」と記述されている箇所は「地獄」と読み替える。このルールはカードの効果に優先する。
 3.3.6.b
 冥界は存在しない物として扱い、カードの効果で冥界のカードを指定、あるいは参照する場合、その効果は解決または適用に失敗する。
 3.3.6.c
 この効果の適用が終了した時点で、地獄のカードはそのままの状態で冥界のカードとなる。


 地獄……新しい冥界メタな能力が出るみたいです。大雑把に説明するなら、地獄に変更されている間、冥界に関係する効果は一切使えない。といった感じでしょうか。
 この変更効果を持つとしたら、映姫さまか勇儀辺りでしょうかね。【装備/場】という可能性も十分にありますが。


 新たに対象になったキャラクターに対する処理について追加

 7.6.1
 既に発生している効果は、指定された期間の間であれば、解決後に後から条件を満たす対象が発生した場合、その対象にも効果が適用される。この時、複数の効果が同時に適用される場合は、効果の適用中にキャラクターが戦闘力の変動によって決死状態になる場合でもその時点では決死状態にならず、全ての効果を適用した後で決死状態になる条件を満たしている場合に決死状態になる。


 前半の文章は、例えば14弾ルナサの効果。

 (自分のターン)(2)(S):ターン終了時まで、〔あなたの場の必要ノードが1か2のキャラクター全て〕の戦闘力は本来の戦闘力の2倍に変更される。

 彼女の効果を起動した後に場に出したノード1か2のキャラクターも、戦闘力が2倍になる。という事でしょう。

 後半の文章は、例えば14弾のゆゆ様が場にいるときに

 (自動α):〔「耐性:幽霊」を持たない相手キャラクター全て〕は「戦闘修正:-3/-3」を得る。

 《未来「高天原」》をプレイして

 (自動α):〔あなたの場の「種族:神」を持つキャラクター全て〕は「戦闘修正:+1/+1」を得る。

 7弾の雛(耐久力:3)をプレイしたとします。

 (自動α)は先に場に出ていた順に解決するので、まずゆゆ様の効果で雛の耐久が3下がります。

 雛 耐久力:3-3 = 0

 ここで一度耐久が0になりますが、先のルールに則りここでは決死にならず、高天原の効果で耐久が1増えて

 雛 耐久力:3-3+1 = 1

 雛は無事に生還するというわけですね。

 はい。長々と説明してしまったので巻いていきましょう。


 決死状態により破棄する時の発生源についての補足を追加

 9.2.3.e
 破棄する、という効果がそのカードに適用されたものとして扱う。この時、そのキャラクターを破棄したのは、そのカードを決死状態にした効果であるものとする。


 そのままですね。決死を経由して破棄された場合、そのキャラを決死にした効果によって破棄された事になる。という事です。
 補足を追加とあるので、おそらく今まで明言されていなかったものをちゃんと表記した、という事でしょう。


 テキストを参照する場合の補足を追加

 10.1.5
 テキストまたは記述を参照する場合、戦術及び特殊効果は本来のテキストではなく、カードに記述された単語そのものを参照する。


 えっと……つまり、【】内のテキスト無効化されてても参照はできるよ。って事なのでしょうか?
 ごめんなさい。これちょっとどういう事なのか私には分からないです。勉強しておきます。


 ラストスペルの本来のテキストを変更

 10.30.2.a
 (自動β)あなたの場にこのカードの術者がいる場合、コマンドカードのタイミングでプレイしても良い。


 最初、どこが変わっているのか分からなかったのですが、指摘されて気付きました。

 但し、そうした場合、術者によって必要ノードとコストを無視することは出来ない。

 この一文が無くなっている
んですね。これはかなり大きいです。相手ターンでのプレイが前提なのに重くて使いにくかった輝夜のラストスペル2種類がぐっと使いやすくなり、他のラストスペルも奇襲性が増しました。


 ラストワードの本来のテキストを変更

 10.32.2.b
 (自動β)〔このカード〕がプレイされずに場に出る場合、このカードの術者のいない場に出る事は出来ず、破棄される。


 召喚魔術や12弾パチュリーの効果で踏み倒せなくなりました。これでナイトバードやグランギニョル、幻想生物ラストワードを主軸に据えたデッキへの対策が少し楽になったのではないでしょうか。使う側は、如何にして術者を守るかを考える必要が出てきました。

 前述のナイトバードの個人的最大の変更点がこれです。尤も、自身の効果は「場に出す」ではなく「戻す」なのでおそらくこのルールの対象外だと思いますが、召喚魔術で簡単に数が並ぶという事態が起こりにくくなったのは大きいと思います。

 さて、次で最後ですね。


 場に出たキャラクターに対する処理について追加

 11.3.9.c
 カードが元の領域から場に置かれる。この時点から適用条件を満たした自動αと自動γが有効になる。この時、効果の適用中に戦闘力の変動によって決死状態になる場合でもその時点では決死状態にはならず、全ての効果を適用した後で決死状態になる条件を満たしている場合に決死状態になる。

 
 「新たに対象になったキャラクターに対する処理について追加」の部分と同じように、効果を全て解決するまでは耐久が0になっても決死状態にならない。という事ですね。


 中々の長文になってしまいました。最後まで見てくださった方はありがとうございます。お疲れ様です。
 間違っている場所などありましたら教えていただけると幸いです。

スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。