幻想ノ音色

東方のカードゲーム、VISIONのプレイ日記。自由気ままに思うがままに。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-11-30-Sat-14:24

カード考察:みんな大好き暗黒能楽


 ついに15弾の情報が出てきましたね。
 今回は輝針城のキャラが収録されるという事で、
 装備関連の効果を持ったカードが出てくれるだろうと個人的には非常に楽しみです。
 残念ながら今のところはそんなカードは無いのですが…

 というわけで、先行公開された数枚のカードの中から、今回はこのカードの考察をしていきましょう。


 《秦 こころ》
 ノード(6) / コスト(3) / グレイズ(2) / 種族:妖怪

 (常時)①:〔このキャラクターにセットされているキャラクターカード全て〕を本来のプレイヤーの手札に戻す。その後、〔あなたの冥界にあるキャラクターカード1枚〕を〔このキャラクター〕にセットする。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

 (自動α):〔このキャラクター〕は、このキャラクターにセットされているカードの必要ノードの値により、以下の効果を得る。
 ・1~2…「警戒」
 ・3~4…「即死」
 ・5~6…「先制」
 ・7~8…「戦闘修正 +4/+4」
 ・9~10…「(自動α):〔このキャラクター〕はスペルカード、コマンドカード、及びキャラクター効果の目標にならない。」

 攻撃力(6)/耐久力(6)



 みんな大好きこころちゃん。お面という名のキャラクターカードをとっかえひっかえすることで、能力を変化させながら戦います。

 グレイズ2の戦闘力6/6というだけでかなりのハイスペックです。その上メリット効果も付いてくるのですから弱いわけがないです……が、その代わりにかなり重いです。
 効果を使う前提なら実質6ノード4コストと、9弾の妖忌おじいちゃんと同じ重さで、しかもあちらは冥界を守る効果に加え強力な戦術を3つも持っており、サポートも豊富な種族:人間/幽霊と、単純にアタッカーとして使うならあちらに軍配が上がるでしょう。

 というわけで、何となくですが、おじいちゃんとの差別化を図りましょう。とりあえずおじいちゃんとの相違点は…

 ●優れている点
 ・種族が妖怪なので、妖魔夜行でサーチしたり、こいしを止めたり出来る。
 ・手軽に警戒を付与できる。
 ・グレイズが1だけ小さい(個人的にこれは大きい)。
 ・間接的に冥界のキャラを回収できる。
 ・可愛い(重要)。

 ●劣っている点
 ・戦術の数(一度に複数の効果を得ることは難しい)。
 ・速攻を持たないので奇襲性に劣る。
 ・失われた希望が刺さる。
 ・ある程度冥界を肥やす必要がある。
 ・何だかんだでやっぱり幽霊サポートは優秀。

 とりあえずはこんな感じでしょうか。とは言うものの、他に類を見ない面白い効果なので、是非とも専用デッキを組んで活躍させたいところです。

 それとフォロワーさんから聞いて気づいた事なのですが、こころちゃんの1つ目の(自動α)についてですが…

 (自動α):〔このキャラクター〕は、このキャラクターにセットされているカードの必要ノードの値により、以下の効果を得る。

 お分かりいただけますでしょうか?この効果の赤い部分、自身の効果でセットしたカード等の表記が無いのです。何が言いたいのかというとですね、この書き方なら、自身にセットされた呪符や装備のノードも参照できるのです。

 例えば、《邪符「ヤンシャオグイ」》(ノード値5の蘇生用呪符)で蘇生した後に、《毒爪「ポイズンマーダー」》(ノード値2の即死付与装備)を装備させれば、先制、警戒、即死持ちという、おじいちゃんに負けずとも劣らずの凶悪な戦術持ちキャラになります。

 最初に装備関連の効果を持ったキャラが居ないと言っていましたが、この子は装備デッキの新たな切り札として十分活躍できるスペックを持ってると思います。

 
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。