幻想ノ音色

東方のカードゲーム、VISIONのプレイ日記。自由気ままに思うがままに。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-10-31-Thu-02:18

10/27岡山公認大会参加レポ


最近更新期間が長くなっても何も思わなくなってきた。
もう私は駄目かもしれない。

とりあえず、先日の岡山公認大会のレポートでも書いていきます。

私にとってはラスワが出てから初めての大会参加。
今回の使用デッキはこんな感じ↓

【キャラクター】16枚
紅 美鈴/14弾×3
チルノ/11弾×3
ナズーリン/10弾×2
封獣ぬえ/PR×2
多々良 小傘/12弾×2
八雲 藍/13弾×2
西行寺 幽々子/5弾×2

【スペルカード】13枚
陽光「サンシャインニードル」×3
氷符「アイシクルマシンガン」×3
水符「ウォーターカーペット」×2
幽符「冥界ミステリースポット」×3
死蝶「華胥の永眠」×2

【コマンドカード】21枚
マナの生成×3
緑眼のジェラシー×3
疑惑の五芒星×3
呪海に眠る記憶×2
魔導書×2
破壊工作×1
強引な取引×3
是非曲直庁の威令×3
征服の果てに×1

【サイドデッキ】
橙/13弾×2
封獣ぬえ/PR×1
無縁塚×3
破壊工作×2
失われた希望×2



(S)(2)で自分のキャラに再起動を打てる世界呪符、冥界ミステリースポットを
使いたくて組んだチルぬえです。
このカードを活かすため、プレイ時に効果を発揮するキャラを多く採用しています。

それでは大会の結果の方書いていきます。

※今回、対戦相手の名前を聞くのを忘れていました。
なので名前は割愛させていただきます。申し訳ございません。


1回戦 アリスコントロール ××
・1戦目
ブクレシュティからアリスとグランギニョルをサーチされ、人形デッキと判明。
その後出てきたグランギニョルをチルノマシンガンで処理しようとするものの、
チルノのプレイに干渉リターンイナニメトネスで逆にこっちが壊滅。
裏側のグランギニョルをぬえで奪ったものの体勢を立て直すことが出来ず、
攻撃力10まで育ったメディ子が3体並んだので投了。

・2戦目
14弾アリスか11弾雛か。どちらを除去するべきか悩んだ結果雛を除去。
ブクレシュティでリターンが見えていたとはいえ、この判断は間違いでした。
その後アリスの効果でメディスンをサーチしてプレイされ、
さらに2枚目のパペットリッターを通してしまい、
何やかんやで攻撃力12になったパペットリッター6体に殴り倒されて負け。

この手のデッキ相手なら優先して除去すべきはアリス。いい教訓になりました。


2回戦:エンパ八雲 ○○
・1戦目
黒猫や紫を地道に捌きながらこっちの藍さまがちくちく殴って勝利。
美鈴が良い仕事してくれました。

・2戦目
1戦目が終わった段階で30分以上経過していて少し焦る。
橙とナズーリンの殴り合いの後、ゆゆ様や小傘で相手のキャラを捌きながら
やや強引に殴り切って、どうにか時間内に勝利。


3回戦:永遠亭メンバー ○○
・1戦目
相手がキャラを引けていなかったようで、藍さまで殴りながら様子を見て、
唯一出てきた美鈴をチルノで無力化して勝利。相手の事故に助けられた感じでした。

・2戦目
再び相手がキャラを出せない様子。こちらもチルノやゆゆ様しか引けず、
何となく勿体ない気がしてキャラを出せない。
ミステリースポットを引いたので大丈夫だろうとチルノを出した返しのターンで
永琳プレイから、てゐ、優曇華と立て続けに出される。
少し待てばよかったと思いながらも、返しのこちらのターンで
ゆゆ様とスポットの効果で相手のキャラを捌き、そのまま展開して殴って勝利。


というわけで2勝1敗で10人中4位と、久々に真ん中より上の順位でした。

前回の映姫さまデッキよりも使っていてしっくりきたので、
しばらくはこのデッキを煮詰めて使っていきたいと思います。
2013-09-17-Tue-01:41

観月宴めっちゃ参加したかった

 予定が合えば是非行きたかった。(注:かれこれ一か月も前の出来事です。未練たらたらです。)

 さて、前回の更新からひと月空いてしまったので何か書かないといけないという使命感に追われて記事を書いているわけですが、何書いていいか分からない。
 14弾の考察は凄い方々が既に素晴らしい物を沢山書いてますし、次回の新システム「ラストワード」についても書くには少し時期尚早な気がする。

 はい、面倒なのでとりあえず新弾環境入ってからの私のデッキでも晒しましょう。

 【キャラクター】23枚
 本居 小鈴/14弾×3
 森近 霖之助/12弾×3
 鍵山 雛/14弾×3
 エレン/14弾×3
 ルーミア/14弾×1
 小悪魔/9弾×2
 岡崎 夢美/14弾×2
 四季映姫・ヤマザナドゥ/11弾×2
 洩矢 諏訪子/14弾×2
 レミリア・スカーレット/14弾×2

 【スペルカード】8枚
 嘘言「タン・オブ・ウルフ」×3
 鴉符「暗夜のデイメア」×2
 紅魔「スカーレットデビル」×3

 【コマンドカード】19枚
 マナの生成×3
 不動の信仰×3
 銀ナイフ×2
 是非曲直庁の威令×3
 初夢×1
 断罪裁判×2
 魔人経巻×2
 鈴奈庵×3

 【サイドデッキ】10枚
 鵺の鳴く夜×3
 神仙術×3
 最後の選択×2
 陰謀論×2

 1ターン目に映姫さまを出すことを目標としたデッキです。映姫さまを出した後は、1戦目はとりあえずタン・オブ・ウルフで遊んだりしながら、相手のデッキを見ます。本番は止めるべきカードを見極めた2戦目以降です。サイドチェンジで大量に詰め込んだカウンターという名の暴力で圧殺します。無論、勝てるなら1戦目も取りに行きます。
 まぁ実際に1ターン目に映姫さまを出そうと思ったら手札が相当良くないとダメなので、基本的には2~3ターン目くらいに出てくることになります。

 とりあえず簡単にキーカードの紹介でもしましょう。

 ≪本居 小鈴≫ 14弾
 NODE(2) COST(0) GRAZE(0) 種族:人間

 (自動β)〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、〔あなたの手札にある必要ノードが1~4の(種族:妖怪)を持つキャラクター1枚〕をあなたの場にアクティブ状態で出しても良い。

 攻撃力(0)/耐久力(2)


 個人的な14弾の問題児その1。(ちなみにその2はゆゆ様で、その3は失われた希望。)
 アクティブ状態で場に出すので、9弾空や12弾霖之助との相性が良いです。空なら即座に相手のキャラクターを除去でき、霖之助は、場に出た後に効果を起動し、コマンドサーチのついでに9弾小悪魔を出せば鈴奈庵の代替レースの条件を満たせます。霖之助の効果で鈴奈庵をサーチ出来るので序盤からでも決めやすいドローギミックです。


 ≪四季映姫・ヤマザナドゥ≫ 11弾
 NODE(6) COST(2) GARZE(3) 種族:閻魔
 伝説 耐性(人間/幽霊/死神) 抵抗(5)

 (自動α)〔全てのプレイヤー〕は、このキャラクターにセットされているカードと同名のカードをプレイできない。
 (自動β)〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、目標の〔相手プレイヤーの冥界のカード1枚〕をこのキャラクターにセットする。
 (自動γ)相手プレイヤーのカードのプレイが無効になった場合、そのカードを〔このキャラクター〕にセットしても良い。

 攻撃力(5)/耐久力(6)


 映姫さまはこのカードを含めて4種類ありますが、パーミッションデッキなら11弾で安定だと思います。基本的には後述する不動の信仰の効果で出します。ですがその場合(自動β)は使えないので何となく勿体ない気がする。プレイ時に相手の冥界の失われた希望を取り除けたりするので意外と便利。2枚だと少ない気がしなくもない。


 ≪洩矢 諏訪子≫ 14弾
 NODE(7) COST(3) GRAZE(4) 種族:神
 警戒 伝説 加護(5)

 (自動α)〔あなたの場の(種族:人間)を持つキャラクター全て〕は「戦闘修正:+1/+1」を得る。
 (自分ターン)(S):目標の〔キャラクター1枚〕に、〔あなたの冥界にある(種族:人間)を持つキャラクターカード1枚〕を裏向きにしてセットする。そのカードは以後、以下の効果を持つ呪符カード「詛呪」として扱う。
 「戦闘修正:-3/-3」

 攻撃力(6)/耐久力(7)


 除去搭載のアタッカー。人間がそこそこ多かったので試験的に採用してみた。だけど失われた希望で機能停止するのはやっぱり致命的だと思う。それを差し置いても警戒持ちの加護(5)は強い。神子さまで十分と言ってはいけない。


 ≪不動の信仰≫
NODE(1) COST(1) GRAZE(0) 代替レース(死神)

 〔このカード〕を、以下の効果を持つキャラクター「地蔵(GRAZE0、0/3、種族:なし)」としてアクティブ状態で場に出す。
 「(常時)(S):〔このキャラクター〕を破棄する。その後、〔あなたのデッキ〕を全て見て、コストがX以下の(種族:閻魔)を持つキャラクターカード1枚を抜き出し、あなたの場にアクティブ状態で出してもよい。Xはあなたの場の(種族:人間)を持つキャラクターの枚数に等しい。その後、デッキをシャッフルする。」

 攻撃力(0)/耐久力(3)


 アクティブで場に出るのはおかしいと思います。おかげでプレイ後即起動できます。しかも出て来る映姫さまもアクティブです。即殴れます。超強いです。でも映姫さま攻撃力の割にグレイズ高いです。涙が出ます。


 こんな感じでしょうか。ですがパーミッションがどうにも肌に合わないので、このデッキは近いうちに手放すことになりそうです。

 というかもっと採用理由不明なカードを説明すべきなんでしょうがもう眠くて頭回らないので勘弁してください。コメントなんかで聞いてもらえたら後で答えるかもです。

2013-08-12-Mon-22:30

私の演奏を聴けぇ!(強制戦闘)


 違いますねん。更新期間はひと月以上空けたくないと思ってるんですけどね?
 丁度新弾発売が近かったものでね。ちょっと更新待ってみたわけです(嘘です)

 というわけで、今回は装備厨な私歓喜なカードが多かったわけです。
 冥界から装備を拾える妖夢然り、自分の場のキャラにセットされた装備の数だけドローできるにとり然り。

 そして新システム代替レースの登場で、戦術がさらに広がりそうですね。

 というわけで今回は、私が直感的に強そうだと思ったこの装備の考察をしてみましょう。

神弦「ストラディヴァリウス」
ノード(4)/コスト(2)/術者:ルナサ・プリズムリバー
【装備】
(自動γ)〔このキャラクター〕が相手キャラクターと戦闘を行う場合、戦闘開始時に〔あなた〕は1ドローする。
(自動γ)〔このキャラクター〕が攻撃を行う場合、〔相手プレイヤー〕は可能な限り自分の場のキャラクターに防御を行わせなければならない。

攻撃力(-)/耐久力(-)


 無理やり演奏を聴かせて代金をせびり取るルナサ姉さんです(違います)。
 一つ目の効果と二つ目の効果が噛み合っており、相手の場のキャラが全てスリープ状態でもない限り、確実に1枚ドローできます。基本的にアド取りが苦手な装備において、殴るだけでアドを取れるというのはこれだけで強いと思います。

 また、終盤に適当なキャラクターに装備して殴ることで、相手の防御のためのキャラクターを1体無力化して、本命のキャラクターの攻撃を通すといった使い方もできます。

 他にも、相手キャラと戦闘を行うことで効果を発動するキャラクターに装備することで、その効果を活かしやすくなります。相性が良いキャラを挙げるなら、10弾ちゆりはどうでしょうか。相手の場に先制持ちがおらず、相手が防御以外に干渉しない限り、先制即死で相手の場を荒らすことができます。

 ちなみに、隠密持ちのキャラクターに装備して、相手の場に同じ属性のキャラクターがいない場合も、相手は防御しなければなりません。これは、隠密が「防御されない効果」ではなく、「防御を取り消す効果」だからです。つまり、相手に無駄に防御させることができるのです。
 この場合、ドロー効果も隠密も同じ「戦闘開始時に発生する(自動γ)効果」なので、好きな順番で解決することができます。

 弱点を挙げるなら、相手プレイヤーを対象に取っているので、カタディで壊されます。このカードにカタディを切ってくれるなら、それはそれで良しとも思いますが。
 また、ドローが強制なので、山焼き相手には致命傷になる事があるかもしれません。それでなくとも、昨今はどんなデッキにもドローソースとして「ロングレンジエコー」が入っている可能性があるため、勝負が長引いた結果、山札が無くなったという事態になりかねません。

 強制的に戦闘を行うという珍しい効果を付与するこのカード、色々と悪いことができそうでワクワクします。
2013-07-09-Tue-13:54

7/7 広島東交流会 参加レポ


 前略。日差しの強い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 私は、急に時間が出来たのでこうしてお昼からブログを更新している次第です。

 というわけで、先日の日曜に行われた広島東交流会に顔を出してきました。
 参加人数は8人。そろそろ悪魔の星が欲しいなーと思いながら対戦に臨みました。
 そして結果はというと…

 1回戦 ○○
 2回戦 ××
 3回戦 ○○

 というわけで、2勝1敗で8人中4位。悪魔の星は貰えませんでした。
 ちなみにデッキはこんな感じでした↓

 【キャラクター】12枚
 森近 霖之助/12弾×3
 黒谷 ヤマメ/12弾×3
 ナズーリン/10弾×3
 古明地 こいし/12弾×3

 【スペルカード】11枚
 罠符「キャプチャーウェブ」×1
 細綱「カンダタロープ」×3
 棒符「ナズーリンロッド」×3
 神霊「夢想封印 瞬」×1
 毒符「樺黄小町」×3

 【コマンドカード】27枚
 マナの生成×3
 飛倉の破片×3
 思念の看破×1
 緑眼のジェラシー×2
 霞網×2
 魔法研究×1
 銀ナイフ×2
 妖魔夜行×3
 飛倉×3
 パラジウム合金×1
 是非曲直庁の威令×3
 断罪裁判×1
 陰謀論×2

 カンダタロープって意外と強いんじゃなかろうかと思って組んだデッキ。でも実際はこいしに瞬つけて殴るだけのデッキでした。

 ヤマメと樺黄小町で除去して、霖之助とこいしで手札を整え、瞬つけたキャラ(主にこいし)で殴りにいくという流れに持っていければ、それなりに安定して戦えました。…あれ?ナズーリン要らなくね?

2013-06-23-Sun-23:44

第30回岡山公認大会 参加レポート


 驚くことなかれ、今月2回目の更新です
 そんなわけで今日も私は元気です

 本日23日(日)は、久しぶりに岡山に殴り込みに行きました。使用デッキはいつも(?)の装備コンではなくて、ちょっと趣向を変えてこんなデッキでした↓


 【キャラクター】50枚
 明羅/9弾×3
 リリーホワイト/12弾×3
 リリカ・プリズムリバー/11弾×3
 くるみ/9弾×3
 朱鷺色の妖怪/12弾×3
 多々良 小傘/7弾×2
 宮古 芳香/11弾×3
 ルナチャイルド/12弾×3
 サニーミルク/12弾×2
 十六夜 咲夜/10弾×2
 十六夜 咲夜/1弾×1
 河城 にとり/11弾×3
 霧雨 魔理沙/5弾×3
 伝統の墨守チーム×2
 射命丸 文/5弾×2
 村紗 水蜜/12弾×3
 星熊 勇儀/12弾×3
 博麗 霊夢/9弾×3
 古明地 こいし/5弾×3

 【サイドデッキ】
 朝倉 理香子/10弾×3
 紅 美鈴/9弾×3
 小野塚 小町/11弾×2
 豊聡耳 神子/11弾×2 


 というわけで今回のデッキはフルキャラクター、俗に言うシルミルデッキです。コンセプトは単純。引いてきたキャラクターで殴るだけです。たまにはコンボとかそんなの考えずに思考停止したっていいじゃない!

 とは言ったものの、一応色々考えて組まれています。キャラクターで統一する事による大きな利点は…

①、明羅の効果が絶対に成功する(絶対にキャラクターを引ける)。
②、にとり、勇儀、理香子の効果による自身へのデメリットを無視できる。
③、相手のカウンター系カードの殆どを腐らせることができる。

 これくらいでしょうか。コマンドカードと同じような感覚で使えるキャラクターも多いため、これでも意外と戦えます。実際使ってて楽しいデッキでした。

 デッキの感想はこの辺にして、簡単に結果の方見ていきましょう。


 1回戦 ふみ様 いつもの萃香デッキ ○××

 1戦目:序盤から順調に展開して相手の体制が整う前に圧殺

 2戦目:思わぬ伏兵(疎符「六里霧中」)に攻撃をいなされ、攻めきれないでいる間にデッキ切れ

 3戦目:皆殺しからの萃香燐禍術。立て直しが間に合わずそのまま殴り切られる


 2回戦 輪ごむ様 ハイランダー ×○×

 1戦目:かなり早い段階で出てきた12弾天子を止め切れず殴り切られて負け

 2戦目:攻める機会を伺っているうちに場を整えられるも、殴り合いの末勝利

 3戦目:気が付いたら相手の場にマミゾウこいし含む大量のキャラ。結果は判定負けだったけどあれは完敗でした…


 3回戦 まーくん様 秋姉妹とか幽エリチームとか ○○

 1戦目:奇襲速攻持ちがめっちゃ頑張って圧殺

 2戦目:ルナチャがめっちゃ頑張って圧殺


 というわけで、結果は1勝2敗で10人中8位でした。

 割と自信あったんですけどねー。やっぱりサイドチェンジ後の2戦目以降が課題でしょうか。

RREVHOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。